黄河口生態観光区
日本語 | 中文 | English | 한국어

トップページ >旅行ガイド > スポット紹介 > 遠望楼

遠望楼

遠望楼は「十大斉魯文化の新しいシンボル」、同済大学建築設計研究院によって設計し、総面積7616平方メートル、飲食、候船、観光などの多機能を一体とする総合性の超現代建築である。


とても高い展望台で立って、黄龍が海に流入するのを眺める、ですから「遠望楼」と名づける。その意味は「遠く流れる黄河が流れ尽きない、渤海を眺めて潮が満ちる」である。遠望楼の建築スタイルは独特、四つのコア筒によって支えられている裏下がる構造。(双Hの造型と呼ばれる、一言で二つの意味がある、まずそれが漢語表音で黄河の二つの字の生母を代表する、次にそれが英文のhigh houseも代表する)四つのコア筒がカラー色を描画し、黄河口人民の情熱、ロマンチックを象徴する。異なる色が異なるの意味を表示する。赤い色は赤じゅうたん迎賓、黄色は黄河、靑い色は渤海、緑色は生態湿地を代表する。中間の黄色と靑色が河海の交差する世に比類できない奇観を代表する、同時にここは国や政府が実施する黄靑戦略の接合点であるのを寓意する。

遠望楼

マイクロ手紙

400-166-2158 http://www.hhkstlyq.com/

Copyright © 2017 Eco tourism region of Yellow River Delta, All Rights Reserved.

Design/Tech: Drore