黄河口生態観光区
日本語 | 中文 | English | 한국어

トップページ >旅行ガイド > スポット紹介 > 泥沼で蟹を捕まえる

泥沼で蟹を捕まえる

黄河口生態観光の砂と無汚染の水質はカニの生存に適合する。毎年の夏、夜になるとカニが勝手に振舞って、大きいばりで道を横切る。観光地区の泥沼でカニを捕まえることは、子供を連れて遊びに来る観光客や、蟹を掘る観光客に対して一つの良い行く先である。


カニは甲殻類動物であり、硬い殻が体を保護し、鰓によって呼吸する。カニは充分な水源、進水排水の便利、通気性の良い粘土、砂や亜砂地の環境で生存と繁殖するのがすきである。雌のカニが毎回とても多い卵を産出し、数百万粒以上に達する。


カニは磁場を通じて方向を判断する。地磁気の南極北極が何度も転倒するので、多くの生物が適応できない、甚だしきに至っては絶滅しました。カニは古い回遊性動物であり、内耳は小さい磁石、地磁気に対してとても敏感である。しかし地球磁場の転倒ので、カニの体内の小さい磁石がもとの方向確定作用を失った。カニは転倒する磁場で生きていくために、カニは「相手が変えても、自身変わらず」の作り方を取って、いっそ進まない、後退しない、横歩きする。

泥沼で蟹を捕まえる

マイクロ手紙

400-166-2158 http://www.hhkstlyq.com/

Copyright © 2017 Eco tourism region of Yellow River Delta, All Rights Reserved.

Design/Tech: Drore