黄河口生態観光区
日本語 | 中文 | English | 한국어

トップページ >旅行ガイド > スポット紹介 > 赤じゅうたん迎賓

赤じゅうたん迎賓

毎年の9月中旬から10月中旬まで、翅碱蓬の全身は紫赤色、うねうねといた縦横する海溝支流と互いに交ぜ織り、淺緑から、深緑、オレンジ色、真っ赤まで。


黄河口の滄海変じて桑田となる変遷と言えば、必ず一種の植物を言及する、それは干潟植生の急先鋒の「翅碱蓬」である。通称は「黄須料理」、黄河口の主な塩生植物の一つである。翅碱蓬の全身は赤紫色、うねうねといた縦横する海溝支流と互いに交ぜ織り、淺緑から、深緑、オレンジ色、真っ赤まで。毎年の9月中旬から10月中旬まで、最も盛んである。あかざ科碱蓬は一年生草本多汁植物に属する。塩、洪水、干ばつなどの多重の厳しい環境条件に対して強い抵抗能力を持ち、主に黄河口干潟とビーチで分布し、くねくねりと潮溝水係が交錯したり、葦などの斑ブロックをはめこんだりする、壮観の「赤じゅうたん」の景観に形成する。 


碱蓬は黄須料理と称される、3月、4月の時に採れて、和え物やギョーザを作って、お客さんをもてなす特色料理である。そして、豊富な亜麻酸と亜リノール酸を豊富に含んで、油を絞れる、植物黄金の名誉がある。栄養学者はこの野菜に対して科学研究を行い、黄席料理は栄養素種類がそろって、ミネラルの含有量が豊富で、老化防止の効果を持って、天然のエコ保健食品。みんなはそれがどうして赤いのですかと尋ねるかもしれない、実は原因はとても簡単で、このような近海区域で成長する碱蓬は長年海水の侵蝕を受け、植物体内の葉緑素がカロチンに変じた、ですから赤い色を見える。近海区域の碱蓬の葉は陸上の碱蓬の葉より太くて丈夫であるので、水分をよく保つ。

赤じゅうたん迎賓

マイクロ手紙

400-166-2158 http://www.hhkstlyq.com/

Copyright © 2017 Eco tourism region of Yellow River Delta, All Rights Reserved.

Design/Tech: Drore