黄河口生態観光区
日本語 | 中文 | English | 한국어

トップページ >旅行ガイド > スポット紹介 > 東方コウノトリ観賞区

東方コウノトリ観賞区

コウノトリは大型の渉禽に属し、国家一級保護動物である。常に沼沢、湿地、塘の辺りで餌をさがす。主に小さな魚、カエル、昆虫などを食べものとする、性情は静かで機敏である。飛行あるいは歩く時、挙止はゆっくりして、休憩する時、常にただ一つの足が立っている。3月から繁殖し、巣を高い高木または建物で建てる。毎一の巢に卵を3~5枚産出し、白い、雌雄が順番に卵を孵す、ふ化期が約30日間である。


道南の電柱に一つ一つの鳥の巢を見える、ここで巢を造るのは国家一級重点保護鳥類コウノトリである。世界の危険が近づいている種に属し、現在世界でただ2500~3000羽がいる。東方コウノトリ主産地はロシアの東南部と私国の東北部である。


東方コウノトリは三高の鳥と称される:長寿、背が高い、高慢。


1、長寿:東方コウノトリの平均寿命48歳ぐらい、通称の「仙鶴」の丹頂鶴60歳の寿命に羽敵できる。(この鳥は毎年の2月末に巣を造って、3月末から4月の初めまで繁殖する、卵の産みから殻の出りまで42日間、殻の出りから自由に飛ぶまで55日間である)。


2、背が高い:成年の東方コウノトリ、身長120センチぐらい、体つきは高くて上品である。


3、高慢:東方コウノトリの目の周りに赤い皮質があって、斜めに生長し、かすかに上がるので、まるでは私達を睨むようである、しかも歩く時、いつも至極穏当である宰相足並みで漫歩する。したがって、東方コウノトリは三高の鳥と称される。


黄河デルタは東方コウノトリの重要な遷移休憩地である、2002年に湿地回復と鳥類生息地の保護などの生態工程を展開する以来、生態環境が明らかに改善し、東方コウノトリのために良好な生存環境を創造し、黄河口生態観光区はしだいに東方白コウノトリの最も重要な生息繁殖地になる。東方コウノトリの数量も年々増加し、観光地区で791羽の東方コウノトリの幼鳥を成功繁殖し、毎年の遷移数量せいぜい900羽ぐらい、東営市は中国の最大の東方コウノトリの繁殖地の一つである。2010年、野生動物保護協会は東営市が「中国東方コウノトリの郷」を授与した。

東方コウノトリ観賞区

マイクロ手紙

400-166-2158 http://www.hhkstlyq.com/

Copyright © 2017 Eco tourism region of Yellow River Delta, All Rights Reserved.

Design/Tech: Drore