黄河口生態観光区
日本語 | 中文 | English | 한국어

トップページ >旅行ガイド > スポット紹介 > 黄河旧道天然柳林木桟道

黄河旧道天然柳林木桟道

黄河旧道天然柳林木桟道は全長799メートル、幅2.6メートル。黄河旧道の支道に位置し、主に二つの部分に分ける。 


1、植物が水の傍で生長する高い植物群は天然柳林である。それはカワヤナギに属し、ヤナギの枝が非常に柔らかい、この柳は私たちの地元の旱柳、しだれ柳、綿柳と違う。旱柳はあまり硬い、しだれ柳は妖艶で、綿柳は群がり生えるのである。カワヤナギは三者の利点を持ち、剛柔を併せて、壮大で軽やかである。


柳の種は黄河の上流から洗い流して、ここで根を生え。自然に成長し、主な枝と幹がない、柳の枝が交差成長するので、生長の過程で絶えずに週りに拡散し、まるでひとつひとつのキノコのように、地元の人はそれをキノコ柳と呼ばれる。この柳は沼沢湿地の中で成長するのに適合し、それにそれらは毛根で呼吸を行い、根は非常に膨大である。


2、観河楼。2009年10月、胡錦涛は東営へ来て視察した。観河楼に登って、黄河を眺めたことがある。観河楼の真正面にはこの広い水域は黄河旧道であり、保護区はこの広い水面を充分に利用するために、2009年に黄河口湿地公園を計画して建設した。2010年に竣工し使用する、観光客が湿地を近距離で接触し、体験する需要を満足できる。観河楼の後方には万ムーの天然柳林である。見渡して、一面の緑色、活力のある光景である。2009年、胡錦涛はこの位置に立って、黄河を眺める記念を残す。

黄河旧道天然柳林木桟道

マイクロ手紙

400-166-2158 http://www.hhkstlyq.com/

Copyright © 2017 Eco tourism region of Yellow River Delta, All Rights Reserved.

Design/Tech: Drore