黄河口生態観光区
日本語 | 中文 | English | 한국어

トップページ >旅行ガイド > スポット紹介 > 鳥島

鳥島

鳥島の敷地面積600ムー、木の桟道の全長1220メートル。鳥島は、毎年鳥類の遷移時の集中休憩し、えさをあさる区域であり、保護区内に渡り鳥の遷移季節の最も集中の活動地域でもある。現在、黄河口地区でよく見える鴨がアカツクシガモ、ツクシガモ、緑頭鴨、斑口ガモなどがあって、最大の個体群が1万羽に達する。


鳥類


アカツクシガモ:全身が赤黄色の鴨、黄色いアヒルとも言われ。繁殖期にはツインの生活で、鴛鴦のようです。オスのガモは黒い頚環、まるで黒真珠のネックレスを嵌めるように、翼の覆羽は白い、飛行する時、明らかな銅緑色の翼鏡画ある。メスのガモは黒い頚環がない、首と頸の羽根が白い、女の子が白いほっぺたのようである。もしア二羽のカツクシガモが前後遊んでいるのを見たら、それらはまさに繁殖期である。非繁殖期の場合、それらは家族群と小さな群れの生活である。彼らは生まれつき機敏で、とても人と接近しにくいです。主にユーラシア大陸に分布し、現在の世界で総量約1万羽、世界に絶滅種に規定される。


ツクシガモ:体に白い羽毛があって、いくつかの鮮やかな濃い色のすじを覆うのはツクシガモである。なぜツクシガモと言われるっ原因はその嘴は赤い、基部に一つの顕著な赤い皮質腫があって、鮮やかな色、はね上がる口のようである。警戒心が非常に高く、耐えずにきょろきょろ首を伸ばして、歩くときに首が伸びたり縮んだりして、之の字形のようである。


緑頭鴨:頭部が緑のは緑頭鴨であり、青頭緑とも呼ばれる。最もよく見える大型の鴨、我が国のダックの祖先である。とても高い栄養価値と薬用価値を持つ。


カルガモ:口に黄斑があって、潜水が得意であり、外見がダックのようである。


観鳥亭


最初の到着するところは観鳥亭。ここで観光客が近い距離で各種類のカモを観賞できる、写真を撮る素晴らしい場所でもある。


観鳥亭の上で、従来の黄河旧道を鑑賞でき、異なった角度から鳥島の広大な景色も鑑賞できる。観鳥亭に立って南へ見て、この広い水域は自然保護区の湿地回復区域に帰属し、関連法律に基づき、内部で人為活動を従事するのを禁止する。もう何十年前、黄河はこの広い水域から海に入ったが、後に黄河が人工避走の原因で、この広い水域を残した。ここは魚類の資源が豊富で、遷移する鳥類の楽園である。遷移の戻る途中、部分の鳥類がここで滯在し、餌をさがすし、体力を補い、鳥類の国際空港や中継場所に相当する。だから、観鳥亭も秋、冬で渡り鳥を観賞する最高の場所である。

鳥島

マイクロ手紙

400-166-2158 http://www.hhkstlyq.com/

Copyright © 2017 Eco tourism region of Yellow River Delta, All Rights Reserved.

Design/Tech: Drore